【仮想通貨】factomについて。FCTの今後は?

factom(ファクトム)についてまとめました。
ビットコインイーサリアムとは違った特徴があるようです。
どのようなものなのでしょうか。

f:id:mizuhosakura555:20171115200515j:plain

1、factomとは

1,1 概要

2015年に誕生したfactomは電子データを記録するプラットフォーム
の名称で、この中で用いられている仮想通貨を「factoid」といいます。
(単位はFCT)いまではfactoidよりもfactomが一般的になっています。
ビットコインにはない特徴を持つ仮想通貨2.0の通貨の一つになります。

1,2 記録証明、記録管理

factomではあらゆる書類や記録をブロックチェーン上で管理することを
目的としています。


factomの語源は「Fact(事実)」から来ており、factomは印鑑証明や登記簿謄本などの
特定の事実を証明する公証となることを目的としています。

公的な証明では信頼のおける第三者機関(例えば不動産なら不動産業者や登記簿のある
法務局など)が取引録や契約記録を管理、証明しています。しかし第三者機関による
集中管理はセキュリティにかかるリスクとコストが大きく、また外部からのハッキング
リスクも存在します。

この問題の解決としてfactomは生まれました。factomでは情報をブロックチェーン
記録することで、記録されたデータは改ざんが困難になります。改ざんできないブロック
チェーン上のデータは記録の存在を証明する第三者機関の存在を不要にします。
改ざんができないのでセキュリティコストも低減することになります。

このようにしてfactomではデータ(契約書や文書)の記録と管理を第三者機関なしで
証明することが可能になります。

2、ブロックチェーンへの記録の記載方法

ビットコインの一つのブロックの認証には約10分の時間がかかります。
10分も時間がかかれば大量の書類や記録の保管は困難です。

そこで考えられのが「レイヤー(層)」という考え方です。
factomはブロックチェーンを用いて機能拡張を行うレイヤーにデータを記録します。
ビットコインは仮想通貨としての利用が主であり、拡張はできませんでしたが
オフラインで行われた処理をまとめてレイヤーに記録することでビットコイン
ブロックチェーンを活用してデータを保管することができます。

そして2016年9月にはイーサリアムブロックチェーンも利用できるようになり
さらに分散化されセキュリティが向上することになりました。

3、factomのデメリット

・factomは1社で管理している
factomはfactom社が管理しています。factom社が破たんすれば
factomもなくなることになります。

ブロックチェーンへの依存
ブロックチェーンはハードフォークが行われた際、それに合わせた対応が必要
になります。

4、factomの活用例

ホンジュラスにおける土地の権利を記録
2015年8月にfactom社とホンジュラス政府が土地権利に関する記録を扱うことを
発表しました。

・Factom Harmony(ファクトム ハーモニー)
ファクトムハーモニーとはアメリカで住宅ローンにかかわる仕組みをfactomで
記録することを目的としています。
住宅ローンは金融機関、不動産業者などと公的な書類のやりとりが多いことから
factomを利用することで、管理コストや手間の低減とセキュリティの向上が
図れるとしています。

そのほか日本でもマイナンバーの記録管理にfactomを利用するシステム開発
進めている企業があるなど、利用は広がりつつあります。

5、factomの値動き

f:id:mizuhosakura555:20171128180838j:plain

6、factomの今後

公的書類の管理に適したfactomはアメリカで評価が高く、書類管理の市場を
制せばfactomは地位を確立できると思います。

そういった意味では非常にポテンシャルの高いシステムであり、世界中で
評価されれば通貨であるfactomも価値があがっていくとおもいます。

factomはcoincheckで買うことができます。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨関連
mizuhosakura555.hatenablog.com
mizuhosakura555.hatenablog.com
mizuhosakura555.hatenablog.com