【仮想通貨】仮想通貨ってなに?ってところからビットコインなどの投資を考える

最近、耳に触れることが多くなった仮想通貨。
ビットコインをはじめとして話題に上ることも
多くなりました。
私もQASHのICOなどに参加しようともしたわけですが
そもそも仮想通貨とは? ということについて
考えてみました。

f:id:mizuhosakura555:20171104234544j:plain


1、そもそも仮想通貨とは?

仮想通貨とは特定の国家や中央銀行の保証を持たない通貨です。
暗号通貨やデジタル通貨と呼ぶこともありますが基本は同じものです。

仮想通貨の概念は1990年代からあり、買い物をしたらもらえる
ポイントやネットゲームなどで使える通貨、nanacosuicaなどは
広い意味での仮想通貨の1種であるといえるでしょう。

この際のポイントなどは運営している会社が価値を保証しており
法定通貨(円など)に対する価値を保証しているため安心して利用できます。
(だいたいのポイントの規約に書いてますが運営会社が破たんすれば
価値は消滅しますので私はポイントはあまりためずにすぐ使うようにしてます)

電子マネーについては円等の法定通貨の情報をカードに記録させて
利用し電子的に決済するので、その電子マネーの価値は法定通貨
担保されています。

2、ポイントと仮想通貨の違いは

これから記す仮想通貨は先ほどのポイントや電子マネーとは異なるものです。
ポイント等は運営している企業が顧客の囲い込み利益をあげることを
目的に存在しています。

仮想通貨は円やドルなどの法定通貨と同じく経済活動を円滑に
進めるために作られているといわれています。

今の経済での通貨よりも低コストで効率的に流通させることにより
世界中での経済活動を円滑に進めることが可能にするものです。

既存の通貨のシステムによらず、国家が関与していないため
国をまたいだ個人的な送金もネット環境があればスムーズに
無料か安価でできるようになっているのが仮想通貨です。

3、仮想通貨の安全性

送金については私も先日、ネット上の仮想通貨の財布の間で
送金をしました。時間は少しかかりましたが手順は簡単で
費用もほとんど無料に近いものでした。

そのような仮想通貨ですが、ネット上でのやり取りであるゆえ
安全性が気になると思います。

例えば最も流通しているビットコインなどは、取引の記録は
国家等が管理しない代わりにコンピュータのネットワークを
利用して取引を記録する仕組みになっています。

その技術はブロックチェーンと呼ばれ、ネットワークで分散して
記録することによりハッキング等を防いでいるといわれています。

ただ、ブロックチェーンは動作が重いといわれることもあり
他の仮想通貨では違う技術を用いているものがありますが
基本は同じものです。

4、仮想通貨の現状

このように便利で安全と言われている仮想通貨ですが
使う人が価値を認めず、利用できる場所がないと
広まりません。

ビックカメラやコジマなどでも使えるようで、利用できる
場所は徐々に増えてきているように感じます。

利用できる場面は増えているはいるものの、いま注目を
浴びている理由は価値の上昇幅が大きいこと。
すなわち投機的理由が高いと考えます。

ここしばらくのビットコインの上昇とそのほかの仮想通貨の
上昇幅は数十倍に達するものもあり、実際の流通とはかい離
している印象があります。

5、今のところ結論

仮想通貨は地球上での通貨の流通を劇的に変えるため将来性は
あるといえます。

しかしいまは仮想通貨は1,000種類以上あります。
ビットコインが現在はメジャーになっていますが
ビットコインブロックチェーンの分岐が今年になって
2回も発生するなど先行きは不透明です。

またリップルイーサリアムなどの決済機能を強化した
仮想通貨もできてきています。

いまは取引所も乱立しており、日本のメジャーな取引所だけでも
10数か所ありますが、QASHのようなプラットフォームが
確立すると覇権が変わることもあるでしょう。

仮想通貨は将来性はありますが、国の保証がない分、不安定です。
各通貨ごとにあるホワイトペーパーと呼ばれる仕様書を確認して
情報を自分で分析して、自己責任で投資することが必要であると
考えます。
(11月10日現在 必要により追記等します)

仮想通貨関係
↓↓
mizuhosakura555.hatenablog.com
mizuhosakura555.hatenablog.com
mizuhosakura555.hatenablog.com
mizuhosakura555.hatenablog.com