京都駅にてトワイライト瑞風を発見

1、瑞風発見

今月から京都国立博物館
実施されている「国宝展」に行きました。
そのため、JRで京都駅に向かいました。

京都駅で降りたそのとき駅の電光掲示板に
「トワイライト瑞風」の文字が
あり、0番ホームに見に行きました。

ホームに上がって数分後
大阪方から深緑色の瑞風の編成が
静かに入線してきました。

2、瑞風を観察

早速、車体を観察です。
瑞風の深緑色に映えるエンブレムを撮影。
車体が磨き上げられて鏡のようです。

行先票には山陽、山陰経由とありますので
2泊3日コースでしょうか。
岡山や松江、鳥取を観光してくるコースのようです。


3、瑞風の車内

一部車内も観察することができました。

8号車か9号車であったと思います。
ロイヤルツインの2人個室。
木目調の落ち着いた感じの部屋です。

ソファーもすわり心地がよさそうな感じ。
この車内で過ごすトワイトライト瑞風の
2泊3日などあっという間に過ぎて行くでしょう。

ツインの2泊3日では一人55万円程度。
人気があり予約が取れないこともさることながら
やはりお高いですね。

あとは食堂車やサロン、
そして一両一部屋で豪勢を極めた
ザ・スイートも観察することが出来ました。
写真は撮れなくて残念でしたが
スイートのバスタブも見えました。
バスタブにつかりながら車窓を眺める。
最高の贅沢でしょう。

4、そして出発

出発時はこちらにシェフやクルーが出てきていて
ホームの見送りの方に手を振って応えていました。

ホームのお客さんにも見送り時は旗がもらえました。

裏にはエンブレムが描かれてあって立派な旗です。

出発時にはみんなで旗を振ってお見送り。
おもてなしの精神があふれていますね。

いつか必ず瑞風にのってやる!
そう決意しながら、瑞風を見送りました。



京都駅駅には10分くらい停車してました。
比較的人も少ないので、
ゆっくり見ることかできました。