【カレー事情聴取Vol.19】3日目夜の部も参戦

はじめに

大阪市内は野田の油野美術館で盛大に行われている、
「カレー事情聴取」
本日3日目、10/8の昼の部に続き夜の部にも参戦して
出店7店舗のうちの6店舗のカレーを食してきました。
f:id:mizuhosakura555:20171008144907j:plain
3日目昼の部の模様はこちら

mizuhosakura555.hatenablog.com

本格的なインディーアーッパを事情聴取で

まずは「スリ飯屋Malanka」さんの
スリランカのチキンカレー」をいただきました。

インディーアーッパ(米粉を麺型で押し出したもの)に
ごろっとしたチキンが乗るカレーが添えられております。
インディーアーッパってものすごく手間暇かかるのに
よくこの事情聴取でだされたなと感動しました。
辛めのチキンカレーとともにおいしくいただきました。

次はビリヤニを食す

「ダイヤモンドビリヤニ」さんの
「禁断のポークビリヤニ

中津のお店でもいただいたことがあるのですが
非常に香り高いビリヤニでした。
この事情聴取でもそのクオリティは変わらず
まずは炊き込まれたごはんとポークをいただき
そのあとライタと混ぜて他にしみました。

燻製とカレーの組み合わせ

琥珀荘」さんの
「燻製チーズのオリーブオイル漬けカレー」

カレーに燻製チーズが添えられております。
カレーもさることながら燻製が非常に美味。
燻製とカレーの取り合わせは数店ありますが
一度、夜にお酒を飲みつつ燻製とカレーを味わいたい
と思いました。

カラフルなこだわりカレー

「ZUKA BAR ノバ ボサノバ」さんの
「宝塚カレー カラフルキーマ」

鮮やかな色どりで食べるのが惜しいくらいでしたが
辛めのキーマカレーと添えられた微量の高級?ラー油
がいいコンビで後からジワリと効いてきます。

ココはお米にもこだわっておられました。
山形のつや姫というお米を使用していて
硬めに炊かれたごはんはそれだけでもおいしい。
それでいてカレーと食べるとなおおいしい。
どこから食べてもおいしいカレーでした。

こだわりのカレー春巻き

「Sidmid」さんの
「牛豚キーマ春巻きとチキン根菜春巻き」

Sidmidさんは豊中の庄内にお店があり
キーマカレースープカレーが絶品ですが
ここではキーマカレーを春巻きにするという
斬新な一品です。

おいしいキーマカレーの味はそのままに
特に牛豚キーマ春巻きは非常に肉肉しく
一口食べると肉汁がじゅわっと拡がる
おいしい一品でした。

夜はお店の定番カレーで

最後は「アドゥマン」さんの「グリーンカレー」です。

昼と同様の鮮やかな盛り付けですが
この紫キャベツやサラダの下に
濃厚で具だくさんなグリーンカレーが隠れております。

昼につづき、パクチーチリペーストを添えてもらったので
最初はグリーンカレー単体で、次はサラダなどと混ぜて
最後にチリペーストを混ぜて
辛い⇒まろやか⇒かなり辛いと3段階で楽しめました。

以前は大阪でお店をされていたようですが
今は長野県の飯田近辺での営業だそう。
飯田線秘境駅の旅の時に伺いたいお店です。

最後に

昼の部は人気店が多かったですが
夜の部も個性的なメニューが多く楽しめました。
定番メニューのみならずアレンジされたものを
いただけるのも事情聴取ならではですね。

明日(10/9)は最終日。
都合をつけて伺いたいと思います。